書面作成サポート

 

 自分で作成すると整っていない書面に・・・・

 

なんとか相手と交渉したり、自分で公的な場所に出向いたりして話せるという方でも、その都度の書面の作成がかなりめんどうで、効率よく、かつ、内容をともなった書面が作成できないということが多くあります。このサービスはそれをサポートするものです。

 

もちろん、自分で書面を作成してもかまいません。ただ、これまで様々な書面を拝見させていただいて、次のようなことがみられます。

 

書かなくてもいいこと、書くべきでないことが書いてある。仁王立ち女.jpg

感情的な表現が随所にみられる。

法的な根拠が書かれていないのでインパクトに欠けている。

書くべきこと、書いた方がいいことが書いていない。

書いてあっても、書く場所が違っている。

損害賠償金を払えと言っているが、何の賠償かが書いていない。

割増賃金の対象の労働時間数や金額が書いていない。

etc・・・

 

これらのことがあると、受け取った相手方に「身勝手な言い分」と映ってしまい、感情を逆なですることにもなりかねません。また、根拠も薄くなります。

 

 対象となる主な書面作成のサポート

急な内容証明の原案の起案(在籍中・退職後)サポート

    ⇒ 違法な雇止め不当解雇退職勧奨に応じない金銭要求など言い分をまとめます。

    ⇒ ご希望によって、「労働法の専門家の助言を得ている」旨を明記できます。

今回の違法な点について、根拠をもって指摘する書面の作成サポート

退職や解雇を受け入れない、退職金を受け取らないという趣旨のことを述べる書面の作成サポート

復職を希望する書面の作成サポート

その他、各種通知書の作成サポート

相手先や行政(労働局、ハローワーク、労基署など)などで伝える言い分をまとめるサポート

あっせん申請書の作成、陳述書などの作成

特定社会保険労務士、若しくは、労働法の専門家の助言を得ている旨が入るのでインパクトがある。

 

ただし、ご希望や事案内容により変わってきますので、書面をどのように作成すればよいか、事実等及び、どのような方向がよいかなどを検討させていただいたうえで助言や内容の取り決めをさせていただきます。

 

 このサービスをご活用いただくメリット

 

書面作成の際に、書くべきこと、書かなくてもいいことを判別してもらえる。

法的根拠が必要な箇所は、法的根拠を盛り込んだ内容にしてもらえる。

法的根拠が関係しない箇所も、説得力を持った文章にしてもらえる。

書面作成・送付のタイミングや書式に関する助言をしてもらえる。

その書面の位置づけ、意味、効果についてアドバイスを受けられる。

全体をもっとも、むだなく、効率よく書面にできる。

専門的な判断や味方、説明などを盛り込んだ書面にできる。

バックに専門家が付いているという印象を与えるため、スムーズな交渉がしやすくなる。

書面提出後にどうすればいいかまで助言を得られる。

 

⇒ 様々な労働問題について詳しく


⇒ トップページへ戻る

お電話による相談申し込みはこちらへ

ホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

当社へのお問合せは、お電話または下記のお問合せフォームよりお願いいたします。

 

お電話でのお問合せ・ご相談申込みはこちら

048-748-3801

受付時間 : 9:00〜18:00(土日祝祭日は除く)

 

 

ご相談のご予約はこちらへ

面談相談 or 電話相談(必須)
面談相談
電話相談
相談の費用を確認しましたか(必須)
はい
(必ずご相談費用をご確認のうえ、チェックをお願いします)
お名前(必須)

(例:山田太郎)
お名前(フリガナ)(必須)

(例:ヤマダタロウ)
メールアドレス(必須)

(例:xxxxx@xyz.jp)
半角でお願いします。
自宅住所

(例:豊島区東池袋1-1-1)
TEL(必須)

(例:090-××××-××××)
半角でお願いします。
希望日時        【第一希望】(必須)

(例:6月10日 13時)
希望日時        【第二希望】(必須)

(例:6月13日 15時)
希望日時        【第三希望】(必須)

(例:6月18日 17時)
予約確認の連絡方法(必須)
メール
電話
どちらでも可

内容をご確認の上、よろしければ下記ボタンをクリックして下さい。

(上記ボタンを押した後、次の画面がでるまで、4〜5秒かかりますので、続けて2回押さないようにお願いいたします。)

入力がうまくいかない場合は、上記内容をご記入の上、メールにてお申込ください。

▲このページのトップに戻る