労働基準監督署の言われるまま提出しない

あっせん申請を考える場合に注意してほしいことがいくつかあります。まずひとつ目は、労働基準監督署に言われるまま、時間ばかりを急いで短絡的にあっせん申請書を提出してしまわないにようにすることです。もちろん、その時点で出すの出さないは本人の自由です。

 

労働基準監督署に労働相談をして、労働基準監督署から、「あっせんで解決する方法があるよ」「あっせん申請書だけ出してもらえばいいから」と言われるのがそれです。

 

このパターンは、労働基準監督署は、決して、あなたの労働問題はあっせんでの解決が適しているからという意味で言っているのではありません。まず、上記のように言われたらこの点を理解しておきましょう。

 

労働基準監督署は、労働問題の領域で言えば、労働基準法の条文に書いてあることが業務なのです。パワハラ、セクハラ、退職に追い込まれている、配置転換命令も追い出し目的だ、不当な人事評価だ、嫌がらせの労働条件変更だ、精神疾患も発症した、自己都合退職は納得行かない、離職票が一身上の都合にされた・・・などなどほとんどのことが労働基準監督署の業務範囲外です。

 

したがいまして、労働基準監督署は、労働基準監督署の業務範囲外であるため、助言できない領域の場合に、「あっせんっていう方法があるよ。あっせん申請書を出してもらうだけ」と言っている構図になっているのです。労働基準監督署の業務範囲以外のことがらは、あっせんを案内しているようです。多くがこのパターンです。

 

そして、労働基準監督署に必死になって相談して、そこで「あっせん申請したら」と言われれば、多くの方が、あっせんの真実を知らずにそのままあっせん申請してしまっています。

 

もちろん、自分であっせん申請ができるのですが、あっせんによる紛争解決の真実を知ってほしいと思います。労働基準監督署からパンフレットをもらい、あっせん制度の説明だけ受けても、あっせんによる紛争解決は見えてきません。

 

労働基準監督署が伝えているのは、あっせん制度の仕組みだけです。売り込みではありませんが、あっせんによる紛争解決がいかなるものかは、客観的に見ますと、あっせん委員以外では、あっせんを多く実践している社会保険労務士が最もよく知っていると言えます。

 

あっせんによる紛争解決の裏舞台のポイント、主張の仕方、話してはいけないこと、書面に表現したほうがいいこと、正面に書かないほうがいいこと、あっせん委員との対応など、労働基準監督署が触れていない、触れることができない、あっせんに関する様々な重要事項があります。

▲このページのトップに戻る